立石寺(山寺)

りっしゃくじ やまでら
写真投稿数:1枚  行きたい数:0件
スポット提案: 青3号 情報提供者一覧

「閑さや 岩にしみ入る 蝉の声」が詠まれた山寺

立石寺は山形県山寺地区にある天台宗の寺院で正式には宝珠山立石寺というお寺です。 パワースポットやフォトジェニックな場所としてメディアにとりあげられることがあり、注目を集めています。 創建は平安期の860年に清和天皇の勅命で円仁(慈覚大師)が開山したとされていますが、細かな経緯はわかっていません。 鎌倉時代以降も時々の権力者による庇護を受け、修験の場所として修行僧を受け入れてきました。 松尾芭蕉が「閑さや 岩にしみ入る 蝉の声」を奥の細道で詠んだのがこのお寺の参道で句碑が立っています。 山域には断崖絶壁に立つ修験道やお堂があり往時を忍ばせます。

立石寺(山寺)で撮影できるもの

新緑や紅葉も素晴らしい立石寺ですが。納経堂の雪渓、五大堂から絶景などが写真の被写体としては有名です。

注意事項

大変階段が厳しい参道です! 三脚は観光客が多い時間は遠慮しましょう。

立石寺(山寺)の詳細情報

  • 住所
    〒999-3301
    山形県山形市山寺4392
    緯度:38.3118411 経度:140.4348526 標高:250.284m
  • アクセス
    山形駅から自動車で30分、JR仙山線で20分
  • 電話
    023-695-2843
  • URL
  • 営業時間
    有料施設以外は24時間?
  • 定休日
    通年開放
山形県山形市山寺4392
緯度:38.3118411 経度:140.4348526 標高:250.284m