諏訪神社

諏訪神社
写真投稿数:1枚  行きたい数:0件
スポット提案: msk6252 情報提供者一覧

街なかにある静かな神社

云い伝えによれば、大同二年(八〇七)皇紀第五十代桓武天皇の勅命により、坂上田村麻呂将軍が東夷征定の時、当地方の開発と産業の発展を祈願し、信濃の国諏訪大社建御名方神の御分霊をはじめ、その他時代とともに五柱の神様を勧請し建立されたと云われております。  その後、慈覚大師が諸堂を建立し、御世第七十代後冷泉天皇の勅命を蒙り、源頼義、安部頼時を征定の際祈願をいたし、報賽によって社殿を修築されました。  諏訪神社はもと、元宮の地(市内幸町地内)に鎮座しておりましたが、南部家二十九代藩主重信公崇敬篤く享保十九年(一七三四)に現在地に社領を賜りました。神仏混淆の時代は諏訪山護国寺と云い、一寺一社の社格でした。又、諏訪宮・お諏訪さんと称えられて各町村民の信仰が篤く、御神徳が益々昂揚されました。  この地方に長く伝えられたという川岸剣舞(廃絶)は諏訪大明神のお告げによって、前九年の役で滅んだ黒沢尻五郎正任の亡霊を鎮める為に舞ったのが始まりといわれ、諏訪神社の神事芸能でありました。  明治維新後は、社名を諏訪神社と称され北上市・和賀郡一円の総鎮守・氏神様として旧社格郷社に列しました。  

諏訪神社で撮影できるもの

きれいな境内

諏訪神社の詳細情報

  • 住所
    〒024-0034
    岩手県北上市諏訪町1丁目3−9
    緯度:39.2867202 経度:141.119371 標高:64.9379m
  • アクセス
  • 電話
  • URL
  • 営業時間
    常時開放
  • 定休日
    年中開放
岩手県北上市諏訪町1丁目3−9
緯度:39.2867202 経度:141.119371 標高:64.9379m